グロインペイン症候群と診断され右の股関節が痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、グロインペイン症候群と
診断されて右の股関節が痛い、
という方が来院されました。

グロインペイン症候群と言うのは、
別名鼠径部痛症候群とも言われています。

どちらも聞きなれない言葉だと思いますが、
症状としては、股関節の痛みになります。

サッカー選手に多い症状で、
中田英寿選手や中村俊輔選手なども
このグロインペイン症候群だった
と言われています。

この方は中学生でサッカーをしています。
あちこちに遠征に行くという事で
相当ハードに練習をこなしているそうです。

お話をお伺いすると、
右の股関節の付け根に痛みがあるとのこと。

ここ1週間は練習を休んでいるそうですが、
走ったりボールをけるときに痛みがあるそうです。

病院ではグロインペイン症候群と診断され、
2週間は安静にしているよう言われたそうです。

ただ、2週間も練習を休みたくないという事や、
練習を再開したときにまた再発してしまうのでは?

という不安から根本的な改善のために
Smileに来院されました。

まず、今回の股関節の痛みの原因を
特定するために骨格のバランスや筋肉の
状態をチェックしていきました。

すると、
股関節のずれと、腸腰筋という筋肉の
負担がかかっていることが分かりました。

腸腰筋とは聞きなれない筋肉名ですが、
世間的には「インナーマッスル」とも
言われている筋肉ですね。

体の奥にあり、良い姿勢を維持したり
股関節を動かすときに作用する筋肉です。

なので、
股関節がずれ、腸腰筋に負担がかかることで
股関節に痛みが走っていた状態でした。

そこでまずは股関節のずれを矯正していきます。
Smileの矯正はアクティベーターと言う器具を使います。

アクティベーターはスポーツ障害との相性も良く、
今回のような股関節の痛みにも効果的です。

さらにアクティベーターで股関節などの
矯正をした後に筋肉のバランスを整えていきました。

電気治療なども併用してバランスを整えたのですが
術後の状態は良好で、
「全然痛くないっ!!」
と驚かれていました。

もしグロインペイン症候群、鼠径部痛症候群などの股関節の痛みでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312