口を開けるとあごが痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

最近、あごに関する症状で来院される方が増えてきました。
それぞれ理由をお伺いしていますがこれといった原因はないそうです。

その中のお1人で、
「口を開けるとあごが痛い」
という方がいらっしゃいました。

Smileではアクティベーターという器具を使って矯正を行いますので顎関節症などの治療も可能です。

この方の場合は、
実はあごにズレがありませんでした。

あごにズレがないのに顎関節症なの?
と思われるかもしれませんがそのようなこともあります。

というのも、顎関節というのは頭蓋骨にぶら下がっている関節です。

ぶら下がっているということは、
体が右に傾いている人は右にスライドしてずれていきますし、
体が左に傾いている人はあごも左側にスライドしていく傾向があるからです。

この方の場合は、
骨盤や肩甲骨、首の骨がずれていました。

その結果体が左に傾いていたので、
あごも左側にスライドしているような状態でした。

骨盤などの矯正をして体のバランスを整えていくと、自然とあごのずれも改善していくことがあります。
この方の場合はまさにそのケースでした。

骨盤などの矯正をして体のバランスが整ったら、
あごのバランスも自然と整い、痛みが改善されたのです。

術後は、
「口が開けやすいし全然痛くない!」
と喜ばれていました。

このようにあごが痛くても顎関節に原因がないケースもあります。
この場合は、歯医者さんへ行ってマウスピースを作ったり、
顎関節のずれを矯正してもあまり改善が見られません。

痛みの原因を見つけそこを改善することで症状も改善していきます。

もし口を開けた時に痛むような顎関節症でお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

Smileのご予約・お問い合わせはこちらまで↓
029-272-5312
MEGAドン・キホーテ勝田店1F