右を向くと首筋がつっぱって痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
右を向くと首筋がつっぱって痛い
という患者さんが来院されました。

首の骨格のバランスや、
筋肉の状態を触れていくと、
あきらかに左右差があり
右側の首がボコッとはれていました。

左を向いたときは痛みはないそうです。

まずは骨格のずれを矯正していきました。

首の症状でもいきなり首を矯正することは稀です。
身体は足元から頭の先まで、
全身つながっています。

足元や骨盤の影響を受けて
首が痛くなることもあるくらいです。

今回の患者さんのケースでは、
骨盤にゆがみがありました。

骨盤は体の土台なので
まずは骨盤を矯正しました。

そして、
右の肩甲骨、頚椎と呼ばれる首の骨、
上腕骨と呼ばれる腕の骨がずれていたので
全て矯正をしていきました。

腕の骨がずれていたのは、
一般的に言われる「ねこぜ」の状態でした。

肩が前に入ってしまい背中が丸く
なっていたので首に負担をかけていました。

肩甲骨や頚椎、上腕骨などは
全てアクティベーターという器具で
矯正を行いました。

Smileの矯正はすべて、
このアクティベーターという器具で行います。

ボキボキすることなく矯正ができますので、
首をひねって痛める心配もありません。

骨格の矯正を行ってから、
筋肉のバランスも整えていきました。

聞き慣れない筋肉名だと思いますが、
斜角筋や胸鎖乳突筋といった
筋肉が硬くなることで、
右を向いたときにつっぱることがあります。

その部分が緩むように
全体のバランスを整えていきました。

術後の状態は良好で、
「首がスッと動くようになりました。痛みもありません。」
と、喜ばれていました。

もし、右を向いたときにつっぱるような痛みでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312