右肩が上がりにくくて痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗豊です。

先日、
右肩が上がりにくくて痛い、、、
という患者さんが来院されました。

腕が上がる角度は、
45度~50度程度でした。

これは、
やっと脇があくくらいの角度ですね。

病院では「四十肩」と診断され、
長引くこともあるから安静に!
と言われたそうです。

何とか早く治したいということで
Smileに来院されました。

からだの状態を見ていくと、
右の腕のずれがありました。

腕には「上腕骨」という骨があります。
この上腕骨が肩甲骨に繋がっています。

つまり、
上腕骨がずれることでその影響が
肩甲骨に出てしまうのです。

肩甲骨に影響が出ると、
結果的に腕が上がりづらくなります。

さらにこの患者さんの場合は、
上腕骨周辺の筋肉も固まっている状態でした。

特に肩から腕に繋がっている
「三角筋」という筋肉が
がちがちに固まっている状態でした。

四十肩は人によってその原因が違います。
この患者さんの場合は、
上腕骨のズレと三角筋の硬さでしたが、
他の患者さんの場合は原因も違います。

この患者さんの場合は、
まず上腕骨のずれを矯正する
必要があったのでまずは矯正からしていきました。

Smileの行う矯正は、
アクティベーターという器具で行います。

このアクティベーターを使うことで、
ボキボキすることなく骨格を矯正
することが出来ます。

ボキボキしないメリットとしては、
からだに掛かる負担が小さくて済みます。

特に今回のケースのように、
腕を動かせないような症状の場合
無理やり腕を動かすような施術ができません。

それがアクティベーターであれば、
肩や腕を動かすことなく的確に小さな刺激で
矯正をすることが出来ます。

そして上腕骨を矯正してから、
三角筋の硬さをほぐしていきました。

ただ、
三角筋が硬すぎて触れられただけでも
痛みが出るような状態だったので
無理やりほぐすのではなく、
方法を変えて行いました。

今回は、
電気治療を使って筋肉を
ほぐしていきました。

Smileの電気治療は症状によって
効果が変わります。

筋肉をほぐす電気治療や、
関節の動きを改善する電気治療。

炎症を抑えたりリハビリをしたりと
様々な効果があります。

今回は、
筋肉をほぐす効果のある電気治療を行いました。

術後の状態は良好で、
「あっ!肩が動くようになってきました!」
と、驚かれていました。

さすがに、1回の治療でまっすぐ
上まで上がるほど軽い症状では
ありませんでした。

ただ、矯正を続けていくことで、
しっかりと症状は改善し
腕も上がるようになっていくはずです。

もし、四十肩など腕が上がらないとお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312

初回検査料サービス&痛みの本当の原因と解決策メール講座
メールアドレス  *

関連記事

  1. 肩が痛い

    四十肩で右腕が痛い

  2. 肩が痛い

    服を脱いだり着たりするとき右肩が痛い

  3. 頭痛

    四十肩の症状と頭痛が気になる

  4. ude

    腕を後ろに上げる時に、肩から腕の前側が痛む

  5. 投げられない

    ボールを投げたら腰と肩が痛くなった

  6. 肩が痛い

    四十肩で左の肩が上がらない

初めての方へ

初めての方へ

ブログの内容