妊娠9カ月で右のお尻が痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗豊です。

先日、
妊娠9カ月の妊婦さんが来院されました。

症状は、右のお尻の痛みです。
インターネットなどで調べていくと、
坐骨神経痛なのでは?と不安になったそうです。

産婦人科の先生に相談したところ、
「安静にしてなさい」と言われたそうです。

ただ、
助産師さんは「運動した方が良い」と、
言っていたそうで、何を信じればいいかわからない、、、

ということで悩んでいらっしゃいました。

そんな時、知人の紹介でSmileのことを知り
来院されました。

Smileは妊婦さんでも施術をすることが出来る
数少ない整体院です。

実際にSmileに来院される妊婦さんからは、
「妊婦さんっていうと断られちゃって、、、」
という方が多いです。

まずはお尻の痛みの原因を特定するために
骨格のバランスなどをチェックしていきました。

すると、今回の症状の原因は2つありました。

1つは、骨盤のずれです。
特に坐骨とよばれるお尻の骨がずれていました。

もう1つは、腰のずれです。
反り腰になっていました。

反り腰と言うのは、妊娠中お腹が大きく
なってくると徐々に腰がそってしまう状態のことです。

この患者さんも妊娠9ヶ月という事で、
お腹が大きくなっていて反り腰でした。

この、
坐骨のずれと反り腰の原因から
右のお尻の痛みが出ていました。

原因さえわかれば後はそこを改善するだけです。

まずは骨格のゆがみを矯正していきました。
妊婦さんの場合はアクティベーターと言う器具と、
ブロックとよばれるクッションを使って矯正をします。

どちらの方法も、
ボキボキすることはありませんし体にかかる
負担もありません。

施術中痛みも伴いませんので
安心して治療を受けることが出来ます。

※アクティベーターの矯正動画です。
妊婦さんの場合は仰向けで行います

術後の状態は良好で、
「お尻の痛みがなくなりました。凄いっ!!」
と、驚かれていました。

お尻の痛みが改善することはもちろんですが、骨格のバランスが整うことで出産時の負担も軽減することが出来ます。

もし、妊娠中でお尻の痛みでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312