妊婦さんが寝返りをすると腰痛がひどい

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、妊婦さんが来院されました。
この妊婦さんの症状は、
腰痛」です。

妊娠してから腰の痛みが
出始めたということでした。

上の子の妊娠中も
腰痛がひどかったということで、
今回は前回のようにひどくなる前に
何とかしたいということで
Smileに来院されました。

最初電話で問い合わせをいただいた時に、
妊娠中の腰痛ですが診てもらえますか?
とおっしゃっていました。

Smileでは妊娠中も施術を行うことができます。
むしろ、妊娠中こそ治療を受けることを
おすすめします。

というのも、
おなかがどんどん大きくなってきて、
いつもと体のバランスが崩れたり
体重が重くなることで各関節に
負担がかかり痛めやすくなるからです。

特に妊娠中の腰痛になるのは
2つの理由があります。

妊娠中の腰痛の2つの原因とは?

まず1つめは、
「リラキシン」という
ホルモンの影響です。

出産するにあたり、
骨盤周りの靭帯が緩みます。

この靭帯を緩ませるのに働くのが
リラキシンというホルモンです。

このホルモンが働くからこそ
出産をすることができるのですが、
靭帯を緩ませるということで、
骨盤が不安定になり腰痛を引き起こす
可能性が高まります。

もう1つの理由は、
「反り腰」になる、
ということです。

おなかが大きくなるにつれて
どんどん反り腰になっていきます。

反り腰になることで腰が圧迫され
腰痛を引き起こします。

特に寝ているときの腰痛や、
寝返りをするときの腰痛、
姿勢を変える時の腰痛は、
反り腰が原因のケースが多いです。

妊娠中の腰痛の治し方

では、妊娠中の腰痛の原因が
分かったところで、
次は治し方です!

どのように妊娠中の腰痛を
治していくのかについて解説していきます。

まず重要なポイントは、
骨盤を整えることと、
反り腰を改善することです。

骨盤を整えることで、
背骨のバランスも整っていきます。

その結果ホルモンバランスにも
良い影響があるので、
骨盤を整えることは非常に重要です。

さらに反り腰を改善することで、
直接的な圧迫を取ることができるので
腰痛改善につながります。

Smileでは、
骨盤の矯正や反り腰を改善するために、
アクティベーターという器具を使います。

このアクティベーターという器具を使うことで、
ボキボキすることなく骨盤や反り腰の矯正ができ、
腰痛を改善することができます。

さらに、特殊なクッションを使うことで、
妊婦さんでもうつ伏せで治療をすることができます。
(ちなみに、妊婦さんのうつ伏せは体に良いです)

姿勢を変えても腰が痛くないです!

この患者さんも、
アクティベーターを使い
骨盤と反り腰を矯正していきました。

術後の状態は良好で、
「姿勢を変えても腰が痛くないです!」
と、喜ばれていました。

もし、妊娠中の腰痛でお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

ひたちなかの整体院Smileでは
LINE@を配信中!

ぜひご登録ください。

友だち追加

初回検査料サービス&痛みの本当の原因と解決策メール講座
メールアドレス  *

関連記事

  1. 股関節が痛い

    妊娠7ヶ月で股関節が痛い

  2. 腰痛

    腰から左のお尻にかけての痛み

  3. 紹介

    お風呂屋さんのマッサージの人に勧められて・・・

  4. 下肢

    膝のずれが原因で右の腰が痛くなっていた

  5. 腰椎、腰痛

    病院で「骨に異常がない」と言われたけど痛いのはなぜ?

  6. 腰痛

    ずっと座ってると腰が痛い

初めての方へ

初めての方へ

ブログの内容