左のお尻からふくらはぎにかけての痛みと痺れ

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
左のお尻からふくらはぎにかけての痛みと痺れ
でお悩みの方が来院されました。

お尻から太ももの裏やふくらはぎにかけて
痛みやしびれが出た場合、
「坐骨神経痛」と病院で診断されることがあります。

この坐骨神経痛にはいろいろな原因があります。
・腰椎椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
などです。

これらの原因から本当の問題を特定し
施術することで症状が改善していきます。

この方の場合、
左の股関節と坐骨のズレがありました。

このような骨格のゆがみから
「梨状筋症候群」と呼ばれる症状が出ていました。

Smileでは梨状筋症候群を改善するために
まずは骨格のゆがみを矯正していきます。

Smileの矯正は、アクティベーターという器具で行います。

このアクティベーターという器具は、
ボキボキせずに矯正をすることが出来ます。

カイロプラクティックと聞くと、
「ボキボキされるから怖い」とか
「無理やり体をひねって痛い」という
勝手なイメージを抱く方も多いようです。

ただ、このアクティベーターという器具は
無理な力を使わずにソフトに矯正が出来ます
ので女性の方やお子様でも安心して矯正を
受けることが出来ます。

この方もアクティベーターを使って
矯正を行いました。

骨格を整えた後は、
太腿の裏やふくらはぎ、骨盤周辺などの
固くなった筋肉をほぐしていきました。

術後は、
「しびれがなくなりました♪」
と喜ばれていました。

もしお尻からふくらはぎにかけての痛みやしびれ、坐骨神経痛、梨状筋症候群でお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312