左の腕から肘にかけてだるい

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
左の腕から肘にかけてだるい
という患者さんが来院されました。

半年ほど前に転倒して以来、
肩に痛みがあったそうです。

その後整形外科を受診し、
注射などの治療を受けたそうですが
症状はあまり改善されず、、、

時間がたつとともに徐々に
肩だけじゃなく腕やひじのほうまで
症状が出始めてきたそうです。

そこでほかの治療方法を探していたところ
Smileを見つけ来院されました。

転倒したときに、
病院でレントゲンを撮ったそうです。

ただ、レントゲンを撮った結果
「骨に異常なし」ということでした。

痛めてからの期間が長いこと、
腕のほうまで症状が広がってきていること。

これらを考えると、
今のうちに改善しておかないと
今後もどんどん症状が悪化していく
可能性がありました。

なのでまずは根本的な改善のために
痛みの原因を見つけるために検査をしていきました。

すると、肩甲骨や鎖骨、ひじの骨が
ずれていることが分かりました。

特に肩甲骨と鎖骨のずれが大きい状態でした。

肩甲骨と、鎖骨をつなぐ関節で、
「肩鎖関節(けんさかんせつ)」
という関節があります。

その肩鎖関節が圧迫されていました。

これはおそらく、
半年前に転倒した時によるもので、
転倒という外傷によって圧迫されて
しまったものだと考えられます。

この圧迫があることで症状が出ていて、
腕やひじのほうまで症状が広がってきている
ようでした。

痛みの原因が、「肩鎖関節の圧迫」だと
分かればあとはそこを改善するだけです。

まずは骨格のずれを矯正していきました。

Smileの矯正は、
アクティベーターという器具で行います。

アクティベーターはボキボキすることなく
骨格の矯正をすることができます。

今回のケースのように、
肩甲骨や鎖骨など触れると痛みが出やすいところ、
過敏なところでも痛みを感じることなく
矯正をすることができます。

さらに関節が圧迫している部分を
開くように矯正ができるので
症状の改善も早くなります。

術後の状態は良好で、
「あれっ?肩が動く。腕も軽くなりました!」
と驚かれていました。

もし、肩の痛みや腕のだるだなどでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312

初回検査料サービス&痛みの本当の原因と解決策メール講座
メールアドレス  *

関連記事

  1. 夏でも冷えに注意?

  2. sbjhjashva

    肩が上がりにくいのは五十肩?

  3. 首痛

    肩車で肩甲骨や首がずれる

  4. 肩が痛い

    四十肩・五十肩でお困りの方へ!

  5. ひじ痛

    仕事中に左の肘が痛い

  6. 肩が痛い

    マッサージを受けても治らない肩こり

初めての方へ

初めての方へ

ブログの内容