手術した椎間板ヘルニアが再発した

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
左の太もも外側からくるぶしにかけてのしびれの
症状でお悩みの方が来院されました。

この症状は2~3週間ほど前からだそうですが、
3年ほど前に腰椎椎間板ヘルニアになったことがあるそうです。

腰椎椎間板ヘルニアになったときは、
手術をしたそうです。

それからは症状が軽減していたそうですが、
ここ最近になってまた再発してしまったそうです。

実は、
腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けても
痺れが取れない。
または、
痺れが一時的に改善したとしても
また再発してしまう方は多いです。

この方も、
またヘルニアになってしまったのでは?
という不安からSmileに来院されました。

まずは体の状態をチェックしていきました。

ヘルニアじゃなかった?

Smileでは最初にいくつかの検査をしていきます。
今回のケースで言えば、
・本当に椎間板ヘルニアか?
・もし椎間板ヘルニアだとしたら何番目のヘルニアか?
・椎間板ヘルニアじゃないとしたら他の原因は?

そして、
・その症状はカイロプラクティックで改善できる症状か?

などを検査していきます。

一つずつ検査していく中で
今回の症状の原因が見えてきました。

まず、結論から言うと
腰椎椎間板ヘルニアではありませんでした。

そしてほかの部位に原因があったのです。
その一つが「股関節のズレ」でした。

股関節がずれることで坐骨神経痛になることがあります。
この方の場合はヘルニアではなく、
股関節が原因で痺れが出ていました。

このような症状の場合、
まずは骨格のゆがみを整える必要があります。

Smileではカイロプラクティックで
骨格のゆがみを整えていきます。

Smileのカイロプラクティックは、
アクティベーターという器具を使います。

このアクティベーターという器具は、
ボキボキせずに骨格歪みを整えることが出来る器具です。

IMG_1246

この方の場合も、
アクティベーターを使って
股関節を含む全身の矯正を行いました。

術後の状態は良好で、
「足の痺れが軽くなりました!」
と喜ばれていました。

ただ、以前に椎間板ヘルニアを経験していることや、股関節のずれが大きかった為また症状が再発してしまう可能性があります。
そこでまた再検査をして何回か矯正することをご案内しました。

もし、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの腰から足にかけてのしびれでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312