瓶のふたを開けると右ひじが痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
瓶のふたを開けると右ひじが痛い
という方が来院されました。

お話をお伺いすると、
肘の動きが悪いということでした。

曲げづらかったり伸ばしづらかったり。
一番気になるのが腕をひねるときということでした。

まさに瓶のふたを開けるときは
腕をひねる動きになるので
それが一番痛いということでした。

肘の筋肉のバランスや骨格のずれなどを
チェックしていくのですが、
まずは体全体のバランスを見ていきました。

肘の痛みと言っても肩甲骨が関係したり、
肩甲骨から背骨が関係したり、
背骨と骨盤が関係したり
とたどっていくと、
体全体のバランスを整える必要があります。

なのでまずは骨盤を含む全身のバランスをチェックしていきました。

すると、骨盤のずれや肩甲骨のズレ、
肘と手首の骨にずれがあることが分かりました。

これらの骨格のずれを矯正していきます。
Smileの矯正はカイロプラクティックで行います。

そのカイロプラクティックの中でも
ボキボキと体をひねるのではなく、
アクティベーターという器具で矯正をします。

アクティベーターという器具は、
痛みや刺激もない安心安全な治療方法です。

アクティベーターで矯正をした後に、
肘から手首にかけての筋肉をほぐしたり
炎症を抑えるための電気を行いました。

術後の状態は良好で、
「肘の動きが軽くなった!」
と喜ばれていました。

もし肘の痛みでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312