股関節から太ももの外側が痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗豊です。

先日、
股関節から太ももの外側が痛い
という患者さんが来院されました。

歩くときに足が棒のようになってしまう
ということで日常生活に支障があるそうです。

体の状態をチェックしていくと、
股関節のずれがあることが分かりました。

股関節は大きい関節ですし、
動きの中でも重要な部位です。

特に歩くときなどは、
重心を受け止める役割もあるため
股関節がずれることで様々な症状を
引き起こすことがあります。

今回のケースでは、
股関節から太ももの外側の症状でした。

このような症状の場合、
悪化していくと足がしびれたり
歩くときに足があげづらくなったりします。

この症状を改善するためには
股関節のズレを矯正する必要があります。

そこで、早速股関節を矯正していきました。

Smileの矯正は、
アクティベーターという器具で行います。

整体を受けるのが怖いという方の大半が、
「ボキボキされるのが怖い」という方です。

でも、アクティベーターで矯正することで
ボキボキすることなく矯正をすることが出来ます。

さらに弱い刺激で矯正をすることが出来るので
治療を受けている際の痛みもありません。

この患者さんも初めは、
矯正を受けるのが怖かったそうです。

ただ、一回アクティベーターの矯正を受けたら
矯正を受けることに対する怖さはなくなったそうです。

術後の状態も良好で、
「歩いても股関節の痛みがなくなりました!」
と、喜ばれていました。

もし、つらい股関節の痛みでお悩みでしたらひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

Smile中宗豊

カイロプラクティック&リラクゼーションSmile
茨城県ひたちなか市石川町1-1MEGAドン・キホーテ1階
ご予約はこちら
029-272-5312