背中の張りの原因は太ももの前側?

こんにちは
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、
「背中のはりが気になって仕事に集中できない」
という方がいらっしゃいました。

まずは骨格のゆがみをチェックし、
必要に応じて矯正を行いました。

ゆがんでいたのは、
骨盤や背骨、肩甲骨などでした。

さらに骨格のゆがみを矯正した後に
背中を中心に筋肉をほぐしていきました。

術後の状態は良好で、
「背中の張りがすごい楽になった♪」
と喜んでお帰りになりました。

そして、
今回再検査の為に再度来院されました。

施術翌日などのお話をお伺いすると
「背中がすごい楽になって仕事もはかどります!」
とのことでした。

ただ、
「日にちが経つごとにまた背中がはってきている気がする」
ともおっしゃっていましたので、
今回も骨格のゆがみのチェックから行っていきました。

すると、
前回と同じようなずれ方をしている部位がありました。

生活の習慣や仕事の姿勢などでいつも同じところに
負担がかかることがあります。

それ自体は仕方ない部分もありますが、
極力その部位に負担がかからないように
していく必要もあります。

そこで、
前回矯正した部位の他にも原因がないかを調べていきました。


太ももの前側の筋肉が硬くなっていた

細かく状態を見ていくと、
太ももの前側の筋肉が硬くなっていることが分かりました。

本人の自覚としても、
太ももの前側が硬くなっているなんて感じたこともなかったそうです。

しかし、筋肉をほぐされているときに
「こんなにこっているんですね。びっくりです!」
と、その硬さを実感していました。

実は太ももの前側の筋肉が硬くなることで骨盤が引っ張られ
骨盤が前傾してしまいます。

骨盤が前傾し前に傾いてしまうと
それに引っ張られるように背中の筋肉がこわばってきます。

仕事中、デスクワークなどで同じ姿勢が続くということなので
前傾した骨盤を支えるためにずっと背中の筋肉に力がはいった
状態になってしまうようでした。

そのような時間が続くと徐々に背中の張りが強くなってしまいます。

前回の施術にプラスして今回は太ももの前側の筋肉をほぐしたので

「背中がすごいスッキリしました!足も軽いです♪」

と喜ばれていました。

今回のケースのように、
1回施術をしたら終わり、ではなく
継続して治療をしていくことで見えてくることもあります。

もし背中の張りでお悩みでしたら
ひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

Smile勝田店へのご予約はこちら
TEL029-272-5312
茨城県ひたちなか市石川町1-1 MEGAドン・キホーテ1F
営業時間10:00~21:00[予約優先] 年中無休

初回検査料サービス&痛みの本当の原因と解決策メール講座
メールアドレス  *

関連記事

  1. 集中力アップ

    骨盤矯正を受けたらバランスが良くなった

  2. 丁度良い施術が受けられました [お客様の声]

  3. ひじ痛

    肘から手首にかけての痛みでお困りの方へ!!

  4. ひじ痛

    野球肘の治し方!!

  5. 筋肉がないから?

  6. 肩が痛い

    肩がこらなくなりました

初めての方へ

初めての方へ

ブログの内容