脊柱管狭窄症と10年以上前に診断されて腰が痛い

Smile勝田店中宗です。

今日の患者さんで、
10年以上前に脊柱管狭窄症と診断され
そこからずっと足がしびれたり腰が痛い・・・
という方がいました。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは
歩くとどんどん足がしびれたり、痛みが出てくる症状で、
歩くのをやめ、前かがみになって休憩すると自然と症状が
治まるという症状です。(間欠性跛行)

有名人でも、
桂歌丸さんやみのもんたさんなども、
この、腰部脊柱管狭窄症の症状に悩まされていたとの事です。


脊柱管狭窄症の特徴
歩くと足がしびれて休むと楽になる

今日の患者さんも、脊柱管狭窄症と診断された当時は
5分も歩けば足がしびれてそれ以上は歩けないような状態が
続いていたそうです。

しかし、最近はそのような症状は治まり激しい腰痛だけが
つらいということでした。

体の状態を検査していくと、腰部脊柱管狭窄症以外にも
様々な身体のゆがみがありました。

更に、今現在歩いても痺れが出ていない事から、今回の
腰の激痛は脊柱管狭窄症以外の原因が考えられました。

そこで、こまかく検査してみると
左の股関節のズレや骨盤のずれなどがあり
腰骨もずれていることが分かりました。

そこで、カイロプラクティックで骨格のゆがみを整えて、
リラクゼーションでこりかたまった筋肉をほぐしていきました。


脊柱管狭窄症が原因ではなかった?

カイロプラクティックで骨格のゆがみを整えてから、
リラクゼーションで筋肉をほぐしたところ、激痛が走っていた
腰の痛みが和らいだという事です。

今後、何度かカイロプラクティックで骨格のゆがみを整えて
リラクゼーションで筋肉をほぐすことでどんどん症状は改善
していくはずですので、腰痛が取れたからと言って1回で
治療を終わりにするのではなく、症状の根本が落ち着くまでは
定期的なケアが必要だという事をお伝えしました。

今回のケースのように、病院で脊柱管狭窄症と診断されたり、
腰部椎間板ヘルニアと診断された方でも、こまかく体の状態を
検査していくと、別の原因で症状が起こっていることがあります。

脊柱管狭窄症だからもう治らない・・・
と決めつけたりせずに1度Smileにご相談ください。

あなたの辛い症状を改善するお手伝いをさせて
頂ければと思います。

Smile中宗でした。

Smile勝田店へのご予約はこちら
TEL029-272-5312
茨城県ひたちなか市石川町1-1 MEGAドン・キホーテ1F
営業時間10:00~21:00[予約優先]
年中無休

初回検査料サービス&痛みの本当の原因と解決策メール講座
メールアドレス  *

関連記事

  1. 腰痛

    マッサージでは治らない腰痛の治し方!

  2. 腰痛

    部屋の掃除中にぎっくり腰になってしまった

  3. 腰痛

    マッサージを受けても痛い腰痛の原因とは?

  4. アクティベーター

    何で腰が痛くなってしまったのか?

  5. 足

    足の甲の痛み

  6. 腰痛

    左の腰が急に痛みだした!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初めての方へ

初めての方へ

ブログの内容