野球の投球時に右肩が痛い

こんにちは。
ひたちなか市の整体院Smile中宗です。

先日、野球部の高校生が来院されました。
症状としてはひざの痛みや股関節の痛みなどが
ありましたが、一番気になるところは右肩の痛みでした。

ボールを投げるときに右肩が痛くなるそうです。
守備位置はサードだそうです。

まずは右肩の痛みの原因を見つけるために
骨格のゆがみをチェックしていきました。

肩甲骨と上腕骨のずれが原因!

骨格の状態を見ていくと、
・肩甲骨(肩の後ろ、背中にある骨)
・上腕骨(腕の骨、肩から肘の間)
・鎖骨(胸元の骨)
がずれていることが分かりました。

野球の練習中に何度も投球することで
筋肉を使いすぎてしまったことも原因の
一つとして考えられます。(オーバーユース)

さらに、
投球時の癖などもあり肩甲骨や上腕骨、
さらには鎖骨までずれているような状態でした。

これらの骨のズレを改善させることで腕の動きがスムーズになり
痛みが改善されると予想し矯正を行いました。

ただし、
Smileの場合はいきなり肩回りを矯正することはあまりありません。
まずは体の土台である骨盤を整えてから矯正を行います。

この方の場合も、まずは骨盤の矯正を行いました。
その後、肩甲骨や上腕骨鎖骨の矯正を行いました。

矯正をした後は、
「動かしやすくなった!」
と驚かれていました。

しかし、この方の場合は骨のズレを矯正するだけでは
また痛みがぶり返してしまう可能性があります。

というのも野球の練習時のオーバーユースによる
症状だからです。

そこで骨格の矯正後、リラクゼーションで筋肉を緩めていきました。

術後の状態は良好で、

「すごく軽くなりました♪」

と喜ばれていました。

もし野球などの部活で痛めてしまったとお悩みでしたら
ひたちなか市の整体院Smileまでご相談ください。

Smileはスポーツ障害も施術いたします。

Smile中宗でした。

Smile勝田店へのご予約はこちら
TEL029-272-5312
茨城県ひたちなか市石川町1-1 MEGAドン・キホーテ1F
営業時間10:00~21:00[予約優先] 年中無休